海外の日本産食品への反応



福島原発周辺で農産物から放射性物質が検出されたことを踏まえ、アジアや欧米を中心に輸入禁止・制限措置が広がっている。このようなことが国内ではマスコミが報道を避けるだけでなく、「食べて応援」が報道されている。


注目記事にはマーカーをつけました!


資料 Yahooニュースより

各国の対応    

輸出制度

輸出先の規制動向

放射線量の証明書要求

  • 輸出事業者の方へ - 放射線量に関する証明書の添付を要求される事例がある。経済産業省

輸出品に対する諸外国の規制等に対する取組み

福島第一原子力発電所の事故の後、日本からの輸入に際し放射線関連の検査を行う等、規制を強化する措置を取る国・地域がある。 原発の現状や日本がとっている措置等に関する十分な情報提供を行い、過剰な反応により不当な輸入禁止等の措置をとられることがないよう、働きかけを行うこととしている。 

対策

日本から輸出国への情報提供・対応

コメント

このブログの人気の投稿

2018年6月21日測定結果

箕面市学校給食、保育園給食に対する要望書(放射能問題)【箕面市ではお弁当の持参が認められました!】

ベクレル測定の必要性 ベクレルとシーベルトの違い