2013年1月29日

がれき広域処理試験焼却時の箕面市内での粉塵吸引調査

2013年2月1日より、大阪市環境局舞洲工場でガレキが焼却されます。

私たちは11月29日30日の試験焼却の前後の時期に箕面市内の空気を吸引してHEPAフィルタで空気中の粉塵を集めて調査を行いました。

【測定環境】
HEPAフィルター(0.3μmの粒子を99.97%捕獲)の付いた空気清浄機を室外で強風運転 吸引仕事量  2.4 m3/

表面線量が測定できる計測器     radex1503  soeks01Mバックグラウンド  およそ、0.110.14  (測定器の1m以内の線量)
使用前フィルター部分の測定 バックグラウンドと同様
設置場所:鉄筋コンクリートマンション2Fの南側
【最初の調査】
   一定時間吸引後にそのフィルターの表面線量を測定した。

【結果と問題点】

 ○吸引直後に測定するとフィルタの表面線量が大変高く(約0.5Sv/h)なる日があった。
                     ↓
 これは後に、空気中の自然放射線のラドンを吸着したためだと推定された。

【ラドン】ラドンは土壌などから発生する希ガス状の自然放射線です。3.8日を半減期として放射線を出してアルファ崩壊するため、フィルタで捕獲したラドンは7日後にはほぼバックグラウンド状態まで低下する。

【放射性セシウム134 セシウム137】福島由来の放射線はフィルタで集塵できれば、それはそのフィルタ上に蓄積していく。 137の半減期は30年、134の半減期は約2年である。

【11月集塵のフィルタ精密放射線検査結果】
大学の調査機関に測定を依頼して極めて微量のセシウム137が認められました。しかし、これは以前の核実験の降下物、もしくは測定の誤差内と専門家からのご意見をいただきました。

【測定の改善】

フィルターに付いたラドン由来の表面線量に影響されないように、1ヶ月連続吸引を行い。その後に1週間吸引を停止して、フィルタの表面線量を測定するようにいたします。
そして、累積の表面線量を参考にしながら一定期間の集塵が完了してからフィルタを測定機関で精密測定する予定です。

1日約864㎥を吸引する予定です。

箕面市は大阪市環境局舞洲工場から直線距離で約20km以上離れています。 もっと近くでの集塵を希望される方はみのおはかり隊へご連絡ください。

2013年3月10日(日) さよなら原発3.10関西2万人行動

場所 大阪市北区中之島公園一帯

主催:さよなら原発3.10関西2万人行動実行委員会
連絡先:ストップ・ザ・もんじゅ



印刷用PDF

緊急署名!福島4号機の核燃料を一刻も早く移動させてください

余震で爆発する4号機 署名 印刷用PDF

次回の測定日

次の測定日は2月28日(木曜日)です。



箕面駅に15:00に集合。
測定後に18:30から会議を行います。(箕面文化センターミーティングルーム)


初めて参加される方は、 [みのお放射線はかり隊】にメールをお願い致します。

hakaritai@gmail.com




2013年1月27日

2月1日から瓦礫焼却が予定されている此花区舞洲工場レポート

ここからコンテナで岩手からの震災ガレキが水揚げされた。大阪市は2013年2月1日から36000tのがれきを約1年で焼却処理を行う予定。
大阪市環境局舞洲工場フンデルトヴァッサーのデザイン。ムスクの塔のようなのが煙突です。
手前のバスが停っているところは、大阪市舞洲障害者スポーツセンターです。今日も車椅子に乗った若者や子どもたちが通っていました。

こちらの建物は大阪市環境局舞洲スラッジセンターです。スラッジとは下水汚泥を焼却し溶融スラグにして、それをコンクリート骨材などの建設資材としてすべて利用しようというもの
どちらも、ファンタジーなデザインだけれど、怖い化学施設なのです。

近くの島を渡船で移動。焼却工場から西南西約2.3kmには、海遊館がある。

そして、舞洲の西2.5kmには子どもたちや若者が集まるUSJがある。ユニバーサルスタジオ駅の裏側から撮影
そもそも、少しでも放射性物質が含まれる物を普通の焼却炉で焼いて処理するという広域処理には大きな問題がありそうだ。