2012年11月25日

11月29日(木)30日(金)とに実施決定。大阪市の震災がれき試験焼却について、もっと多くの人に伝えたい。 #拡散 希望


オーストラリアの小児科医で放射能障害に詳しいカルディコット博士が「小児科医の立場の私からすると犯罪的行為」と言った放射性物質を含んだ震災がれきの広域処理が大阪でも行われようとしています。

11月の29日(木)30日(金)に此花区の舞洲清掃工場焼却場で100トンのがれきを試験焼却を実施予定。

大阪市ホームページ

しかし、これを知らない人が余りにも多過ぎる!!!

ヒステリックに説明しても神経質扱いされるので、子どものいる人やこれから子どもを作る可能性がある人には特に「この期間とそのあとしばらくは、念の為にこれやってね♪」と伝えてる。

雨に濡れない
■「大阪 試験焼却」で検索して、インターネットから情報を手に入れる

■大阪の風向きをチェック 大阪府の上空の風

■屋外での運動禁止
■マスク着用
■洗濯物の室内干し
■家庭菜園にはカバー
■窓は開けない         

上空の風とは標高約1000メートル付近(900hPa面)の風向・風速

もっと対策したい方はこちらを参照


本当は、もっと細かいことも言いたいけど、今まで意識してなかった人が放射性物質が飛んでいるかもしれないと意識してもらうだけでも、ずいぶん違いはあると思う。特に小さい子どもさんが居る家庭にはお伝えしたい。

_____________

細かいことと言えば…

放射性物質の最小分子のサイズは
ウラン=約0.0005μm
ストロンチウム=約0.0006μm
セシウム=約0.0006μm
放射性ヨウ素(ヨウ素131)=約0.0002μm こんなに小さいです。


なので、焼却で気化して最小分子になり焼却場のバグフィルターなども簡単に通り抜けてしまうと思っています。最小粒子のままでは、ヘパフィルターでもチャッチできません。
 
でも、環境中に放たれた放射性物質がどのような形で空気中を浮遊するかといえば、
環境中では粒子が水やその他の粒子数個とひっついたエアゾルクラスター状となり最小分子サイズよりは大きくなるとの研究結果が出ています。(岡山理科大学)

ツイッターで、関東でヘパフィルター部分で放射性物質が捕獲できるという情報に注目しました。ヘパより粗いフィルターではほとんど捕獲できないようです。

@toyboy999jpさん、
「HEPAフィルターの内側に有る加湿フィルターを計測するとβ線は検出されないので、どうやらHEPAフィルターで止まっている模様。 でも、こうも室内まで汚染されるともう一台、空気洗浄機が欲しくなる。 http://t.co/IP6vXgqY   http://t.co/s4oMbHL1

「今日、世田谷で測定させて頂いた方の空気洗浄機について一言。当方のRD1008とご一緒した方のInspector+で計測したところHEPAフィルターで高線量を発見。β線も検出してびっくり! http://t.co/22AkBm5G

なので、0.3ミクロンの粒子を99.97%キャッチできるHEPAフィルターはある程度有効のようです。

放射性粉塵を集めるだけなら、プラズマとか、粉塵センサーとか、高度な機能は必要ないでしょう

空間線量や土壌も測定していますが、こちらのフィルターの表面線量も変化があれば、お知らせいたします。


________________________________________________

想定外の事は発生します。風向きも地上で西から東の風が吹くだろうと予想していましたが、上空は全く違う方向に吹いています。



汚染されていない土壌を採取しておくと、最悪の事態が発生した場合には汚染を証明できる物になります。ベクレルの計測には費用がかかりますが、今のうちに取って保存しておくだけなら無料です。

土の測定には2つの方法があり、一般的には左のベクレル/kg ですが、今回はごく微量と予測できるのでベクレル/㎡の採取方法も有効です。精度が高くなります。

例えば、右の測定方法で50ベクレル/㎡が測定される土壌で、左の方法での測定では1ベクレル未満で測定限界値以下になってしまいます。

採取した土1.6kg程をビニール袋などで密封保存して、必ず採取日時/場所/採取方法を明記しておきましょう



4 件のコメント:

  1. とんでもないことをしてる、子どもの未来も閉ざされるのに、橋下ごときに何がわかる、放射能汚染の怖さが、

    返信削除
  2. コメントありがとうございます。本当に取り返しのつかない決断だと思います。放射性物質を環境中に放出したら回収も除せんも不可能なのに

    返信削除
  3. ネットの情報だけを過信しないように!
    最近は木下某など危険ばかりを煽る扇動家の暗躍もちらほら聞こえてきます。

    返信削除
  4. もう、自己防衛は外に出ない事・・・出来る訳ない‼放射能汚染は空気地異なので、私達はこれからも放射能と共に生きるしかないのです。放射能の方が断然長生きではありますが。ほんま、許せん橋下‼

    返信削除