2012年4月18日

ベクレル測定の必要性 ベクレルとシーベルトの違い


ベクレルとシーベルトの違い

「シーベルト」は人間が放射線を浴びたときの影響を表すのに使う単位です。放射性物質が出す放射線にはアルファ線やガンマ線などいろいろな種類があり、その種類や物質からの距離によって人体への影響が異なります。たきびをベクレルとすると、体に届く温かさに該当するのがシーベルトだと説明されています。

空間に漂う放射線を測定したのが、空間放射線量でシーベルトで表します。
また、土壌に蓄積した放射性物質を測定したのが、土壌汚染沈殿量としてベクレルで表します。

雪に例えると、降っている最中の空中を漂っている雪は空間放射線量でシーベルト表示
そして、降り積もった積雪は降下放射性物質に例えれて土壌汚染沈殿量でベクレル表示です。

食品等に含まれる放射性物質もベクレルで測定されます。



雪の例えで述べれば、雪が止んでいるからといって(空間線量が低い)土壌に積もった雪があるかないかはわかりません。

空間線量は私たちのもっているサーベーメーターで簡単に測定できますが、土に降下した放射者物質は特別の設備のあるところで、ベクレルメーターでないと測定することはできません。

3月に環境庁が行なった「がれき広域処理のキャンペーン」では空間放射線が少ないので、がれきは安全と述べていますが、降り積もった放射性物質は空間線量ではなく土壌への沈着量であらわさなければいけません。うまく国民を欺いています。

(右の図ではまるで宮城県や岩手県には汚染はないように現れています。しかし、左の図では、岩手県にも300000から600000ベクレル/㎡の汚染地帯が有ることがわかります)これらの地域の震災がれきは、土壌と同じように汚染されていると考えられます。また、土壌が汚染されているので農作物なども心配です。)









また、ベクレル測定用の検体を採取するにはいろいろな方法があります。現在、同じベクレルでもベクレル/Kgとベクレル/㎡の2種類での違う単位が報道されていますので、私たちも勉強しなければいけませんね!






0 件のコメント:

コメントを投稿